僕にも出来た、手打ち沖縄そば!

昨夜、夕食に食べようと思ってラフテーを作り始めたら、急に沖縄そばが食べたくなった。
とはいえ、沖縄そばの麺を売っている店なんて近所には無い・・・。
でも食べたい・・・。
じゃあ、自分で麺を打ってみるか!
ってことで、急遽手打ち沖縄そば作りが始まりました。

材料は小麦粉(強力粉500g)、仕込み水(卵1個、重曹小さじ1、塩小さじ1、水1カップ弱)。
本当はかん水とか木灰を使うみたいだけど、今回は重曹で代用。
ちなみに5人前くらいの量です。
先に仕込み水の材料をボールに合わせてかき混ぜ、そこに小麦粉を投入。
小麦粉と仕込み水をかき混ぜてある程度まとまってきたら、後は10分ほどひたすらこねる!こねる!
麺生地が耳たぶくらいの柔らかさになったところで、ビニール袋に入れて30分ほど寝かせ。

その間に下茹で(1~1.5時間くらい)の終わった豚バラブロックを適当な大きさに切り、出汁・泡盛・醤油・砂糖で作った煮汁と共に圧力鍋へ投入。蒸気が吹き出るまで強火にした後は弱火でコトコト15分。鍋の圧が取れたら蓋を取ってしばらくまた弱火で煮詰めて完成。
あ、下茹での時の茹で汁は捨てないでね。後で使うから。

さて、寝かしの終わった麺生地を三等分くらいに分けて、麺棒で伸ばそう・・・と思ったら麺棒が無い!
あれ?しばらく使ってなかったから忘れてたけど、もしかして去年の引越しのときに捨てちゃったのかな???
とはいえ、今から麺棒を買いに行くわけにもいかず・・・。
と、ここでパスタマシンの登場!
何故かウチにはこんなものまであるんですねぇ・・。

生地をローラーで何度も伸ばした後は、片栗粉で打ち粉をしつつ、パスタのタリアテッレ用くらいの幅の歯を合わせて生地をカット。
さらに打ち粉をまぶして手で軽くギュッと(こうするとちょっとちぢれ麺に)。
さあ、カットし終わった麺を茹でますよ。

大き目の鍋に湯を沸かし、塩を軽く投入。
麺を入れて浮き上がってきてから20秒程度で上げちゃいます。
茹であがった麺をバット等に広げて、軽く油をまぶし、扇風機等で乾かします(熱を取る)。
この作業が沖縄そばの麺の独特な食感を生むらしいっす。

麺を乾かしている間にスープ作り。
さっき取っておいた豚肉の茹で汁を煮立たせたら、鰹節をドカンと投入!
1分ほど煮立たせずに出汁をとったら、それを漉します。
後は、砂糖、塩、醤油で味付けして完成!
この量も書きたいところなんだけど、なにぶん適当だったもんで・・・。
ただし、醤油を入れすぎるとキツクなっちゃうので注意!
僕は割とあっさり目が好きなので、醤油は軽く色と香りつけ程度。
でも、味見してみたら何かちょっと物足りない感じだったので、中華の鶏がらスープの粉末少々と同じくだしの素少々を加えてしまいまいました。
しっかりおいしい出汁がひけるなら、鰹だしだけでもかなり美味しいものが出来ると思いますが・・・。

さて、最後の仕上げです。
乾燥の終わった麺を沸騰させたお湯に投入します。
軽く湯通ししてまぶした油を取るような程度でいいです。
茹であがった麺をどんぶりに入れ、スープを注ぎいれます。
その上にラフテーと万能ねぎをトッピングして完成!
出来上がりはこんな感じです。

画像


今回はラフテーの煮汁にゆで卵を入れて作った煮卵もトッピングしてみました。
沖縄そばではあまり無いトッピングだと思うんだけどね・・・。
針しょうがなどを乗せるのもGood!
参考までに、完成まで約3時間・・・。

味?まあ、自宅で作ったものとしては悪くないんじゃないかな。
もちろん沖縄のおいしいお店のそばと比べちゃあいけません。
ちょっと麺を茹ですぎてダルダルになっちゃったし。
今回は急に思い立って作っちゃったんで、自分達だけで食べてしまいましたが、今度は友人知人を招いて試食してもらおうかな。
手作り沖縄そばに興味のある方は是非お試しあれ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

こーき
2006年11月11日 09:24
おはようございます。首里の掲示板から来ました。お久しぶりです。こーきですよ。中学・高校と同じだった。分かるかな?
今東京でPCの講師してます。沖縄そばを見て、懐かしさと俺も作りたい!と思って書き込みました。また寄らせて頂きます。
岡村
2006年11月11日 09:33
おー、こーき!
元気?
今、東京なんだ?
ちょうど昨夜、沖縄からある人物(中高一緒)が出張で上京してきてたので新宿で飲んだところだよ。
今度飲みに行きましょう!